展示してある優勝トロフィー

学校などでよく見かけますが、各体育大会やインターハイなどの優勝トロフィーが玄関や展示室などに飾られています。スポーツに力を入れている学校などでは、ショーケースいっぱいに優勝トロフィーが陳列されています。これらはその学校がスポーツに力を入れている証でもあり、また、実績を残している証拠にもなるので、スポーツが目的で学校を探している学生には、非常にいい宣伝にもなります。また、スポーツを教えることを得意としている先生にもいい指標となります。中学校なら中体連の体育大会、高校ならインターハイや甲子園などの大会、大学でもかなり数多くの大会があるので、スポーツに力を入れている学校ならば、かなりの展示数になっているでしょう。また学校によっても、どのスポーツに力を入れているか変わってくるので、何かに特化している学校では、展示されている優勝トロフィーにも偏りが出てきますが、それは学校の特色を示すことになるので、結果として先生や生徒を集める一つのいい要因となるでしょう。またそれによって、さらに質の高いスポーツ教育や大会などでよい結果を出すことに繋がり、良い循環のもたらすこととなるので、目立つ場所に展示しておくといいでしょう。

トロフィーは優勝の記念品に必須のアイテム

スポーツの大会ではもちろん、芸術文化のコンテストの場面でも、優勝者への記念品としてトロフィーは必須のアイテムです。大会やコンテストを主催する側は、優勝者へのカップや記念の盾など、その大会やコンテストのイメージや規模に合うような記念品を用意しておかなければなりません。では、トロフィーなどのアイテムはどれくらいの価格で用意できるものなのでしょうか。最も安い商品では1000円を切るようなプラスチック製のものがあります。もちろんプラスチックなので重量感には欠けますが、デザインはしっかりしたものです。1000円以下の価格で用意でき、記念品として贈呈できるものを準備することを考えると、低予算で開催している町内会のイベントや小さなコミュニティーの大会では十分な記念品になりえます。しかし、大きな大会であったり、その大会の品格をトロフィーによってアピールしたいという場合には高級感のある物をチョイスするのがベターです。クリスタルを使った商品であれば重量感や高級感もありますし、またその美しさから女性にも人気があります。クリスタルは見た目にも美しため持ち帰って飾ることを考えてもインテリアの邪魔にはなりません。どちらにせよさまざまな種類がありますので、大会の規模や伝統、参加者のニーズから選択することをおススメします。

  • Recent Posts